事業計画支援

  • TOP
  • 事業計画支援

経営者は夢や希望、アイディアなど、様々な将来像を描いて会社を経営していることと思います。しかし、ビジョンだけでは主観的なものになってしまいがちです。そこで数値化することにより、客観的に会社の経営状態を把握し、目標を明確にすることで具体的な経営に役立てることができます。
当事務所では経営計画書を作成することで、会社の未来をともに考えるサポートをさせていただきます。

中期経営計画書

中期経営計画書とは、会社の将来を具体的にまとめたものであり、経営理念から社員共通の行動目標、数値目標までを示したものです。売上計画、経費等計画、投資等計画、借入金明細書、キャッシュフロー、納税計画書などの計画から構成されており、お客様の要望や業種、財務内容に沿って、5~10年先の会社の経営状態を把握するための重要な資料です。

▼中期経営計画書の作成による利点として

  • 将来の会社の利益がどのように推移するか把握できる
  • 今後の納税金額はどのくらいなのか予測できる
  • 金融機関から設備投資や運転資金のための融資を受けたい時など、試算表と共に経営計画書を提出するこで、融資担当者との話し合いにも役立つ
  • また新規の取引先に提示する事により高い信頼を得ることができる
  • 事前に粗利益(売上高-売上原価)の計算をして商品単価の設定ができる

このような点が利点として挙げられます。 会社をとりまく環境は日々変動していきますので、中期経営計画書を毎年作成し、その都度、会社の経営状態を把握することが必要です。

単年度経営計画

単年度経営計画は、中期経営計画に比べ、より短いサイクルで段階的な目標を定め、具体化した行動計画です。

経営計画は、それがどれほど素晴らしいものであっても、ただ作成しただけでは、「絵に描いた餅」になってしまいます。経営計画を活用するためには、月次監査をし、実績と予算を比較することによって、問題を迅速に修正していく事が重要となります。

お問い合わせ
CONTACT

まずはお気軽にご相談ください

受付時間 8:50~17:30 / 
定休日 土・日・祝日 / 
住所 〒376-0031 群馬県桐生市本町1丁目5番7号

0277-22-7161(代)